のんちゃん ”ピーター・ドイグ展”  (東京国立近代美術館)音声ガイドナビゲーター(2020.2.26-6.14)2020.02.04

のんちゃん ”ピーター・ドイグ展” (東京国立近代美術館)音声ガイドナビゲーター(2020.2.26-6.14)2020.02.04

2020年2月4日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

待望の日本初個展。「ピーター・ドイグ展」が東京国立近代美術館で2020年に開催

イギリスを代表するアーティストであり、世界的に活躍するピーター・ドイグ。その待望の日本初個展が、東京国立近代美術館で開催される。会期は2020年2⽉26⽇〜6⽉14⽇。

音声ガイドナビゲーターは、のんさんに決定!

音声ガイドナビゲーターを女優・創作あーちすとの、のんさんがつとめます。自身も絵画や音楽など幅広く創作活動を行うのんさんのナビゲートで、ピーター・ドイグ展をより一層お楽しみいただけます。

のんさん コメント

ドイグさんの作品は、色づかいやタッチがとても素敵で、かわいくてお洒落な印象もあるけれど、一方でどこか“なつかしさ”を感じさせるところが魅力的だなと感じます。どの絵もミステリアスな雰囲気を醸し出していて、そこもまた惹かれます。今回、音声ガイドを聴いてくださる方が、そんなドイグさんの絵の世界に集中できるように、という思いを込めてナビゲーターをつとめさせていただきました。音声ガイドでは、ドイグさん自身の素敵な言葉や、いろいろな作品のストーリーを紹介しているので、ぜひ聴いていただけたらうれしいです。音声ガイドありとなしで、展覧会を2回見ても、2度おいしいかなと思います!

のんさん インタビュー

―音声ガイドナビゲーターに決まったとき、どんなお気持ちでしたか?

すごくうれしかったです。2018年に別の展覧会の音声ガイドナビゲーターをつとめさせていただいたのですが、いつかまた挑戦したいなと思っていたので。映像のナレーションなどでの修行を経て、今回約2年越しのリベンジとなりました。

―今回、どんな思いを込めてナレーションをされましたか?ドイグさんの作品がまとっている不思議な空気、カラフルだけど静けさがあるというか、そんな空気を崩さないようにと思っていました。それから、音声ガイドを聴いてくださる方が、自分ではなく作品に集中できるように、「これ、のんの声なんだぜ」という気持ちをなくして、絵が話しているような意識でナレーションすることを心がけました。

―会場で、特にみてみたい作品はありますか?

「スタジオフィルムクラブ」のシリーズがみられるのはとても貴重な機会だと聞いて、特に気になっています。それから、《ペリカン(スタッグ)》も。この1枚の絵のなかに込められたミステリアスな世界観に興味があります。どの絵も大きくてすごく迫力がありそうなので、会場で実物をみるのが今から楽しみです。

↑(ピーター・ドイグ展 | 東京国立近代美術館(特設サイト)より)

ヤッターーーーーーー😊わ~い🎨❤❤