「ラジオドラマ」第2弾 『タマちゃん~いつでも夢を』 ゆままま♪さん October 28 [Wed], 2015, 0:00

「ラジオドラマ」第2弾 『タマちゃん~いつでも夢を』 ゆままま♪さん October 28 [Wed], 2015, 0:00

2020年1月23日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

未来の鍵を握る学校
SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!

4週目担当 能年玲奈ちゃんのGIRLS LOCKS!

のーねん応援団!! より  2013.2.25 月曜日

今日も楽しくいきましょう~!

フレー!フレー!生徒のみんな!フレ!フレ!受験生のあなた!
フレ!フレ!スクールオブロック!やりたい夢は叶えていいんだ!
フレ!フレ!能年玲奈ちゃん!!!!!!!

っと・・・いう事で

2回目のラジオドラマ公開です!

第2弾 『タマちゃん~いつでも夢を』 ゆままま♪さん

のーねん! 夏のリアル絵日記 より  2013.8.27 火曜日

あまがみちゃん 能年玲奈 より 2013.5.27 月曜日
※能年ちゃん写真下の緑文字&日付をクリックしますと、
その放送記のGIRLS LOCKS!HPへ

↓ここから、ゆままま♪さんの文章です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【登場人物】
・能年玲奈さん 
皆さんの大切な・・・恐れ多くもご本人の設定です。すみません。
のっけから本当にすみません。

・タマちゃん   
「アキちゃん」になる前の、たまごの状態なので、「タマちゃん」と言う名前で登場します。
タマゴなので、アキちゃんより 荒削りで大ざっぱな性格・・・と設定しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【物語の説明&脚本への想い】
・物語
SOLの収録も最終日、能年さんが収録スタジオに入ると、
そこには日本中に愛された『あの子』が能年さんの応援にやって来ていて・・・
そこから始まるお話です。

この物語に、「タマちゃん」のセリフと通じて、能年さんに伝えたい気持ちを込めました。
コーナーリスペクト、(あまかみ=女性登山家の名前(実在です)
夏ばっぱの突き落とし効果音、かんぽCMリスペクト、小泉今日子さん 
薬師丸ひろ子さんネタなど、ギュウギュウに入れてみました。
こんなので、採用されるわけはなかったのですが、これを考えた頃はちょこっとでも
能年さんに笑ってもらえたら、なんて思って。気持ちだけは込めました。
キャラクターの冒涜にならないよう、そこだけは気をつけたつもりなのですが、どうでしょうか?
とんでもない内容ではありますが、読んでいただければ本当に光栄です。

※ラジオドラマを楽しむ為の専門用語   (SE) = 効果音という意味です。

=====================
【ひとりラジオドラマ脚本本体】
『タマちゃん~いつでも夢を』

(場所は『GIRLS LOCKS』収録スタジオ)

 能年さん、いつも通りにスタジオに入ってくる。ドアの開く音。(SE)

能年さん『では、よろしくお願いします・・・て、じぇじぇ!!』
 能年さんの机を挟んだ前の席に、見慣れた絣の衣装の女の子が座っている。
 ニコニコ顔。頭に『北の海女』と書いてある手ぬぐいをつけている。

能年さん『ア・・アアアアアア~?(アキちゃんと言いたいが言葉が続かない)
 (アキちゃん?と聞こえそうなところで、小泉今日子さんの歌、『見逃してくれよう!』の部分が1小節だけ入る。)
タマちゃん『あ~オラ、まだその名前でまだねえど。その名前になる前。まだタマゴだ。タマちゃんとでも呼んでけろ。』

能年さん『いっ、い~い~(生霊!?と言いたいが、やはり言葉にならない。)
タマちゃん『なんだぁ五十音か?次は`う`か?あはは!』

能年さん『他の人には・・・(周りの反応を見て)見えてない!?見えてないんだ・・・。』

タマちゃん『オラ、みんなにたぐ(託)されて来たんだ。オラの知ってる人み~~んなと、和(和希)ちゃんやら月(月海)ちゃんやら、それから、能年さんのことでぇ~~好きな人たちと。みんな来たがってたんだけど、オラが一番適任だって。バカくれぇがちょうど良いんだって。(急にキレて)何だ、バカって~!!(勢いで)ひらいずみせいっ!!』

能年さん『ひっ!落ち着いて落ち着いて。バカじゃない。バカじゃないよ~。』

 タマちゃん、能年さんをじっと見て

タマちゃん『めんこいな~!オラが2年も経つとこんなキレイになるのがな~、透き通るような肌してんもんな。目も奇麗だ、琥珀みてぇだ。目の奇麗な人は心が奇麗なもんだ。よっしゃあ!応援すっぺ!』

能年さん『(首を傾げながら)…マイペースだな~。』

タマちゃん『(能年さんのとまどいに構いもせず)あ~あ~、能年玲奈さん。三年半の『GIRLS LOCKS』お務めほんとにお疲れさんでしたぁ!しかし、さよならは別れの言葉でねぐ・・・』

能年さん『それもなんだかギリギリ、ギリギリですぅ。』

タマちゃん『毎月毎月、聞いた人間全てを能年ワールドに突き落とし、果てには安らぎと活力を与え、つれぇ現実さ、立ち向かわせてくれました。ここに栄誉を称え、岩手のウニさおぐ(贈)り・・・』

能年さん『わ、ウニもらえるんだ。(喜ぶ)』

タマちゃん『おっ、笑ったな。笑うともっとめんこいべ。ええと、能年さん、あなたにはこれからも登るべきたっくさんの高けぇ山が出てきますが、オラたちはこれからも変わらず、いや、より一層の応援を贈り続けることを約束するべ。オラは能年さんに命さ吹き込まれたんだども、まだまだ能年さんに命吹き込まれたくてうずうずうずうずしている人がいっぺえいる。大変なこともあるが、オラたちもファンも、み~んなついてる。いいか、1人ぽっちで高ぇ山なんて登らせねえど。てっぺんまでの道々、山小屋になって能年さんを休ませてぇ人、ピッケルになってお供したい人、花になって能年さんの心を楽しませたい人、果ては石っころになって能年さんに踏まれたい人とか、ワサワサいるんだ。みんない~かげんキモの座った奴らばっかだど!ははは!』

能年さん『ほめよう!そこはほめよう!?』

タマちゃん『(構わず)はぁ~っ、託されたもんさ、だいたい出し切ったぁ!なぁ!これから海行がねぇ?懐かしいべ?灯台のとこまで駆けっこだぁ!!』

能年さん『わっ、待って待って!ア・・・(小泉さんの歌『見逃してくれよ~』1小節再び入る)タマちゃ~ん!』

<~ここで曲『いつでも夢を』が入る。~~海女軍団が漁に海へ向かう時、歌っていた歌。
そして、能年さん自身が3年半の間、ファンに届け続けてくれた気持ちのテーマのようであり、能年さんをイメージする曲でもあることから選曲いたしました。>

(二人のいる場所、録音スタジオから袖が浜の灯台へ)

 防波堤にぶつかる、波の音。(SE)

能年さん 『(ハァハァしながら)な・・・なぜにもう海・・・?』

タマちゃん『言っとくけど夢でねえぞ。時間制限イッパイってヤツだ。』

能年さん『(タマちゃんにブンブン振り回されっぱなしなので、ちょっとだけスネて)海から登って行くと山のてっぺんがさらに遠くなりませんかね・・・。』

タマちゃん『(いい事聞いた!という風に)あはっ!そ~んな下っから高ぇ山登ったヤツいねえ。世界に唯一の貴重さだ!ゲルリンデ・カルテンブルンナーか能年玲奈だ!面白い方選ぶど~!ほいっ!』

 タマちゃん、夏ばっぱの如く能年さんを海に突き落とす・・・!

能年さん『それじゃ、唯一じゃな~ぃ・・・あ~っ!○×△!!!!』
 (GIRLSLOCKSで超おなじみの、夏ばっぱが海に突き落とす海に効果音入る。)

 この後、許されれば~~あまちゃんのOPの最後の、チャ~~♪という部分入る。

<おわり>
=====================
『タマちゃん~いつでも夢を』の中に出てきました、曲の紹介です

↑小泉今日子さんの 『見逃してくれよう!』 (これは、クノールのCMから)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

能年玲奈 小テスト より 2013.4.22 月曜日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回予告 

第3弾 『青春ライン』 サンペガさん

※ゆままま♪さんの作品も、もう一度出てきます。

第6弾です!!乞うご期待

※第一弾 『素顔のままで』 片隅の男さん は前記事にあります。

是非、こちらもご覧下さい