全国へゆこうか!朗読ジャーニー『詠む読む』海老名市文化会館 のんちゃん、満島ひかりさん 2019.03.29

全国へゆこうか!朗読ジャーニー『詠む読む』海老名市文化会館 のんちゃん、満島ひかりさん 2019.03.29

2020年2月13日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima
https://twitter.com/take_ninja/status/1227614741083779078
https://www.instagram.com/p/B8d9WDWBgM3/?utm_source=ig_web_copy_link
https://www.instagram.com/p/BvmJaMwnFcs/
https://www.instagram.com/p/BxG0hy-BWzx/
https://www.instagram.com/p/BxHFYAehfVa/
View this post on Instagram

往復書簡の朗読劇へ。手紙の朗読だけで演劇として魅せるのって演技の塩梅難しそう〜というのが一番の感想でした。 他人のではなく自分が書いた手紙なので特に。 手紙は"イマを少し過ぎた感情、伝わりやすいよう感情を整理した後のもの"、演劇は"イマの感情を整理しないままぶつけ合うもの(ぶつかり合ってる様に見えるもの)"と仮定すると、この劇は一旦整理した感情にイマ性を再び与えるような作業になるので、それは難しいよな〜と。 感情を乗せられすぎるとなんか白けてしまうのは、過ぎた感情を自ら再演してるという前提があるので、いやそこまでの高ぶりはもう無いでしょ、とウソっぽく見えちゃうからかもしれません。 ん、なんか、歌みたい。 この演技の塩梅って、歌唱のソレに近いのかもしれない。 仮説:往復書簡の朗読劇は歌を唱うときの塩梅で感情を込めるといい感じになる? 観劇後さっそく舞台となった海老名サービスエリアに向かい、劇中出てくる"胡椒を全面的にかけた醤油ラーメン"をいただきました。ツレがむせていました。 サービスエリアに徒歩で向かうというのは何だか妙でよかったです。海老名サービスエリアの裏の歩道沿いにトンボの壁画があることを知る都民はそうそういないはずです。(とても感想を持ちにくい壁画です) #満島ひかり #森岡龍 #坂元裕二 #詠む読む #不帰の初恋海老名SA #朗読 #株式会社明後日 #初恋と不倫

A post shared by カンヌキ (@kannuki_) on

https://www.instagram.com/p/BvmLJmkhCcB/