広報誌【 サンガ 3月号vol 164】 この世界のさらにいくつもの片隅に 2020.02.15

広報誌【 サンガ 3月号vol 164】 この世界のさらにいくつもの片隅に 2020.02.15

2020年2月15日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

↑ 真宗大谷派(東本願寺)真宗会館 HP↑  2020年02月12日 インタビュー

【広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく】戦争を直接描くのではなく、人々の日常を丁寧に描くことによって、「この世界の日常は、すずさんの世界と地続きなんだ」(パーソナリティ・荻上チキ)、「なんでもない日、なんでもない人、なんでもない場所がほんとうに大切に描かれていた」(コピーライター・糸井重里)と絶賛された。

 今までは戦争ものとか、その時代の作品を見るのがすごく怖くて、目を背けていた部分があったんです。自分の中でも考えようとしてこなかった部分でもありました。

 すずさんが過ごしてきた時代の日本というのが何か別次元の世界、実感のないものだったんですけど、この作品は戦時下の日常にフォーカスされていて、生活を営んでいく部分が丁寧に描かれていました。ご飯をおいしいと思ったとか、まずいと思ったりとか、なんかキャラメルを食べて幸せになったりとか、そういう感覚ですね。時代的に違うというものはあるかもしれないけれども、あっ、そうか、すずさんが生きていると感じたときに、突然別次元だと思っていた世界の人たちに血が通って。あ、これは自分が生きていた日本での出来事だったんだということが、ちゃんと自分の中にすとんと入ってきた感じがありました。だから目を背けていたところから、ちゃんと深いところで、本当に怖いなという気持ちが芽生えてきたんですね。

【ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるものの呉で初めて出会った同世代の女性に心を通わせていくすず。そんなある日、ふとしたことをきっかけにすずは周作とリンの過去に触れてしまう。すず、リン、そして周作。それぞれが内に秘めた想いを抱えながら、日々を懸命に生きていた。そして昭和20年の夏がやってくる――】「リンという女性もまた、この世界の片隅にに生きていた。美しい桜の宴に集うすべての人生への慈しみも含め、この世界の最後のピースがはまった」(漫画家・高橋留美子)と高く評価された。

 すずさんは居場所をずっと探し続けていたんだと思います。前半のすずさんって、ぼうっとしているように見える。でも、自分の中にあるものを絵に吐き出しているところがあると思うんですね。話し下手だけど創作することで自由になれるみたいな部分が私と似ているかなと思います。

 今回は前作と違って、すずさんの女の部分が垣間見られるところがあって、自分の経験の中で一番近い心情を掘り起こして、照らし合わせて、すずさんとして膨らませたんです。3年間上映が続いて、また新しくなって公開されるということで、同じ場所に生きている仲間みたいな、同志みたいな感覚になっています。前作を知っている方も、本当に新作として送り出せる作品になっているので、ぜひ劇場に来ていただけたらと思います。