オフィス3○○舞台「私の恋人」のんちゃんの初舞台📸2019.07~09.08千秋楽(写真中心)

オフィス3○○舞台「私の恋人」のんちゃんの初舞台📸2019.07~09.08千秋楽(写真中心)

2020年2月17日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

オフィス3◯◯「私の恋人」の追加公演が決定。9月4日19:00から東京・本多劇場で行われることが発表された。

渡辺えりが脚本・演出を務める音楽劇「私の恋人」は、オフィス3○○の新作。上田岳弘が2015年に発表し、第28回三島由紀夫賞を受賞した同名小説を下敷きにした本作では、時空を超えて転生する主人公の、10万年越しの恋物語が展開。出演者には小日向文世、渡辺、のんが名を連ね、小日向ら3人が30役を演じ分ける。

渡辺えりコメント

オフィス3◯◯「私の恋人」より。

お客様がとても喜んでくださってくださったのが何よりうれしかったです。ずっとご一緒したかった小日向さん、のんさんも素晴らしい俳優さんたちだと改めて感じましたし、4回ものオーディションを乗り越えてきてくれた天使役の4人の役者さん、スタッフも素敵なメンバーがそろっていますから、長い道のりになりますが一致団結して頑張っていきます。原作者の上田さんも大変喜んでくれて、小説を読んでいるお客様も読んでいないお客様もとても面白くみられるんじゃないかとおっしゃってくださいました。それよりも何よりも、チームワークがすごくいいのが伝わってきて、劇団の芝居を見ているようだとおっしゃっていただいたのがとてもありがたかったです。山ほど早替えなどがありますが、もっともっと練習を重ねて素早く正確にできるようにしていけば、さらにメリハリのある良い舞台になっていくと思います。皆さん、楽しみにしていてくださいね。

小日向文世コメント

オフィス3◯◯「私の恋人」より。

顔合わせから3週間ちょっと、今まで経験してことのないハードスケジュールの中で無事初日を迎えられたということに、まずホッとしています。やっぱり渡辺えりさんの世界が見事に表現された舞台になっています。他所では見られない世界が繰り広げられています、ぜひお楽しみに。

のんコメント

オフィス3◯◯「私の恋人」より。

すごい緊張しましたし、早替えも初めての事でセリフが飛んだらどうしようと不安もありましたが、その大変さも含めて、緊張を楽しむことができたと思います。稽古と違って実際に観客の皆さんの前に出るのは緊張するしアドレナリンが出るし、その中で、NG出たらもう一回が出来ない緊張感を味わえるのは役者としてかなり重要な事ですよね。そして、小日向さんとえりさんの舞台上での演技を間近で体感できるのはしびれます。こんな最高の初舞台は他になかったと思う。その分、私自身ももっともっと深めていかないとつまんない演技で終わっちゃうという危機感はありますが、本当に役者として嬉しい時間をかけている。そういう充実感がすごいです。ワンステージごとにブラッシュアップして、舞台の上で自由に生きられるように頑張ります。

(↑「私の恋人」追加公演決定、のん「舞台の上で自由に生きられるように」記事引用)