「ラジオドラマ」第7弾 『星に願いを』片隅の男さん December 24 [Thu], 2015, 7:13

「ラジオドラマ」第7弾 『星に願いを』片隅の男さん December 24 [Thu], 2015, 7:13

2020年1月24日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

未来の鍵を握る学校
SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!4週目担当

能年玲奈ちゃんのGIRLS LOCKS!

能年玲奈ちゃんの卒業式 より 2015.10.1 木曜日

フレー!フレー!生徒のみんな!フレ!フレ!受験生のあなた!
フレ!フレ!スクールオブロック!やりたい夢は叶えていいんだ!
まっすぐ、一直線に、恐れるでないぞー!!
楽しめー!アンド……
さーけーべーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お待たせしました。
予告予定としているラストの!ラジオドラマの公開です。

最後の絵日記 より  2015.9.30 水曜日

「は~て~し~なぐ~♪」 あまちゃん、いよいよ最終回!! より  2013.9.26 木曜日

ニュース速報~!!!! より 2015.8.27 木曜日

※能年ちゃん写真下の緑文字&日付をクリックしますと、
その放送後記のGIRLS LOCKS!HPへ

↓ここから、片隅の男さんの文章です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【SOL宛て送信文】2015.09.07

スクールオブロック制作スタッフの皆さまへ

能年玲奈さんの一ファンです。
先月3日にも、同様なメールを差し上げました。
2回目のメールになります。

この年齢ではありますが、能年玲奈さんの飾らない魅力に惹かれ、
SOLのガールズロックス第4週目は欠かさず聴かせていただいてきました。
7月の「ひとりラジオドラマ」は特に楽しく、かつ嬉しく聴かせていただいたところです。
演技をしたいという能年さんの願いを、
「声優」の形で実現していただいたことに、深く感謝したところです。ありがとうございます。
あの放送後にお送りしたメールで、能年さんの為にも、私たちファンの為にも、
ラジオドラマのコーナーは是非とも続けていただきたいとお願いしました。
同時に、放送後記にあった「新しい脚本を送ってくれてもいい」の文面を頼りに
ラジオドラマのシリーズ化を願って、私も初挑戦でしたが脚本を一つ書き、お送りしたところです。

しかし、先月の放送で能年さんが今月末で卒業との報に接し、
事態が大きく変わったことを認識しました。
もう、能年さんによる「ひとりラジオドラマ」のチャンスは今月末のみとなりました。
能年さんの卒業を控えて、最終となる4日間に、
「ひとりラジオドラマ」の放送を望む声が高まっていると思います。
脚本を自ら書いて応援しようとしているファンも多いはずです。
私も、その一人となって能年玲奈さんを応援したいと思います。

このメールを含めて、3本のメールを続けてお送りします。
元より拙い脚本ですが、能年玲奈さんのファンの一人として、
個人的な記念にしたいとも考え二つ目の脚本をお送します。
ご検討のほど、よろしくお願い致します。
そして、能年玲奈さんに「頑張ってください」の一言を私からの言葉として
お伝え願えるようなことがあれば、これに勝る幸せはありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【曲を選んだ理由】

『星に願いを』
When You Wish Upon a Star
歌:ビリー・ジョエル

シンプルです。
能年さんの願い、「一生演技ができますように」
(と私は思っていますが)が叶うように祈ってこの曲を贈ります。
ビリー・ジョエルがこの曲を歌っていることを、つい先日知って、是非とも彼の歌で贈りたいと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ドラマの設定】(制作担当への補足説明)

今回のドラマは、先月8月3日にメールにてお送りした脚本(「素顔のままで」)の
設定時期(6月初旬)から3ヶ月程経った9月中旬頃を想定しました。
作者自身の思い出づくりのために、2つの脚本を繋いでみました。
初めて言葉を交わしてから3ヶ月が経ち、かなり二人は親しくなっています。
宇野さんの趣味が将棋であることなど、他の設定は全て前回同様です。

「ラジオドラマ」 第一弾 『素顔のままで』
 (←文字をクリックして下さい)

漫画「3月のライオン」、ラジオドラマ 『素顔のままで』 おまけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【配役】(声は全て能年玲奈さん)

宇野:女子高校生
泉 :男子高校生
成(せい)さん:泉の祖父(声は平泉成さん似)
運命の女神(声はキャスター風?)
能年玲奈さん自身
ナレーション

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ナレーション・作者からのお願い】

これからお送りするドラマの舞台は、皆さんCMでよくご存じの、あの原っぱです。
登場人物は能年さんにウリ二つの女子高校生宇野さんと、泉くんという男子高校生、
それに成さんと呼ばれる泉くんのおじいちゃんの3人です。

秋の夜。空には満天の星が輝いています。

宇野さんと泉くんが現れる場面から始まります。
成さんは、二人の邪魔にならないように少し離れた所にいるようです。
どうかリスナーの皆さんは、ゆったりと、できれば横になってドラマを想像してください。
そして、コツがわかったら一緒に声を出してください。
みんなで作るラジオドラマです。
途中から思わぬ登場があるかもしれません。
それでは…

===================
【ひとりラジオドラマ脚本本体】
『星に願いを』

〈虫の音。草を踏む二人の足音〉

宇野「ふーぅ、やっと着いた。ここよ」
泉「へぇー、駅の近くなのに、こんなところがあるんだ」
宇野「でしょ。起伏があって街の明かりも邪魔にならないし。よく見えるよ、星」
泉「よく来るの?」
宇野「たまにね」
泉「でも、怖くない? 人気なさそうだし」
宇野「そうね。だから将棋が終わってから星好きの友だちと2・3人で来るの。一応泉くん男の子だから、今夜は成さんについて来てもらったけど」
泉「じいちゃん同伴なんて、ロマンチックじゃないなぁ」
宇野(声を上げて)「成さーん。ここにいるからねー」
成さん「おーっ、私はこっちにいるから。ゆっくりしてていいよー。二人のこと信用してるよー」
泉「わかったよーっ。宇野さんは僕が守るからだいじょーぶ」
成さん「お前が一番心配なんだよーっ」
泉「ちっ、何言ってんだ」
宇野「大丈夫だよー。泉くん紳士だからー」
泉「あーあ。でもまあ信用されてるみたいだね。僕も」
宇野「何言ってるの。将棋道場じゃ、泉くんの事よく話してるよ。孫が、孫がって。自慢の孫なんだよ」
泉「家だと宇野さんの話ばっかり。道場だと僕の話? 素直じゃないんだよ」
宇野「成さんいい人だね。私好き」
泉「まあね」

〈間。虫の音だけが聞こえる〉

宇野「そろそろ見えてもいいのになー、流れ星」
泉「そんなに流れ星って、しょっちゅう出るの?」
宇野「流星群は別だけど、普段でも何も考えないで空全体を眺めていると、すーっと流れるのに出くわすよ。たまに」
泉「へぇー」

〈虫の音。そこにキラリン流れ星を表現した音が流れる〉

宇野「あっ、見えた」
泉「えっ、どこどこ?」
宇野「もう消えた」
泉「惜しかったなぁ」

〈キラリン〉
宇野「あっ、また見えた。すごい!続けて見えた」
泉「今のは僕も見えた。きれいだったなぁ」
宇野「忘れてた。願い事しなきゃ」
泉「また出るかなぁ」

〈間。虫の音〉

運命の女神「宇野さん、泉さん」
宇野「えっ⁉」
泉「えっ⁉」
宇野「聞こえた? 女の人の声?」
泉「空の方から…はっきり聞こえた」(声を上げて)「じいちゃーん。今の声聞こえたー?」
成さん「何も聞こえーん。虫の音だけだー」
泉「じいちゃんには聞こえてない」
女神「二人だけに話しかけています」
泉「僕たち二人だけ?」
女神「そうです。あなた達だけに」
泉「あなたは誰ですか?」
女神「運命の女神です」
宇野(すっとんきょうに)「運命の女神ー?」
女神「特別出演です」
泉「はぁ⁈」
女神「今夜は特別な日。特別な流れ星を三つ用意しました」
泉「なんか展開早いなぁ」
女神「最初は、宇野さんのために」
宇野「いきなり私ですか?」
女神「いきますよ。流れたらすぐに願いごとですよ」
宇野「ちょっと待って。えっ⁈はい」

〈キラリン〉
宇野「将棋が強くなりますよーに」
泉「はぁ⁈ ちっちゃい願い」
宇野「いきなりだもん、他には思いつかなかった。でも、私には大事な願いなんだよ」
女神「次は泉さんのために」
泉(きっぱりと)「はいっ」

〈キラリン〉
泉「宇野さんと、ずっーと仲良くしてられますよーに!」
宇野「えっ本当⁉ えっ泉くん嬉しい」
女神「さあ、時間がない。いよいよ最後の三つ目よ。これは特別の特別。卒業記念。私たちの声、全てを演じてくれている能年玲奈さんのために。能年さん聞こえる?」
能年さん(素の声で)「はい、聞こえます。っていうか、私が演じてるんですけど」
女神「えっ。細かいこと言わないの。じゃあ、いきますよ。リスナーの皆さんもいいですね。能年さんと一緒に」

〈キラキラキラリーン〉
能年さん「一生演技ができますように」

≪すぐに『星に願いを』が流れる≫

作者の予想?では能年玲奈さんは、「一生演技ができますように」と
願いをかけるように思っていますが、もちろん能年さんの自由です。
もしも、もしも、この脚本が採用されるとするならば、その時はラジオドラマが始まる前に、
能年さんの願いがリスナーに伝わっているような流れを期待します。
能年さんとリスナーが、同時に願いをかけられるように

===================
【おまけ 1】

↑コチラ 私から能年ちゃんへ、クリスマスプレゼントです

「やさいのようせい」リスペクト

右側が何故か・・少し暗いですが。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(小テスト より 2012.4.23 月曜日)

(はじめての、ぎゃ・く・で・ん♥ より 2012.4.24 火曜日

ぎゃくでん ~惚れさす男子ごっこ 2012.5.29 火曜日

図書部 ~ポエム掲示板 より 2012.6.25 月曜日

(体育座りさん(教頭)のお言葉)

能年は向日葵です。
なんか、すっげえでっかい向日葵で、なんかいつでも、なんか綺麗だけど、明るくて、おっきくて、
すごく素敵な今後、花になっていくと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここのブログの「ラジオドラマ」を読んで頂いた方々へ

本当に本当に、最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

予定よりもずっと時間がかかってしまって、皆さんに忘れられていた事もあろうかと~思いますが・・・
沢山の感想が・・・本当に嬉しかったです。

私と一緒に「ラジオドラマ」を一緒に書いて送ってくれた方々・・・
そしてココで公開しても良いと付き合ってくれた、片隅の男さん、ゆままま♪さん、サンペガさんには
感謝の言葉は、言葉では言い表せません。
特に・・・片隅の男さんの存在が!その声がなければ実現されなかっただろう、この企画!!
片隅の男さん、心から感謝しています。これからもよろしくおねがいします