ラジオドラマの雑談用記事2 妖怪話×能年ちゃんDecember 02 [Wed], 2015, 16:06

ラジオドラマの雑談用記事2 妖怪話×能年ちゃんDecember 02 [Wed], 2015, 16:06

2020年1月24日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

今回の雑談テーマは・・・・
妖怪です。(好きなんです)

皆さんが妖怪として知っている・・・一番有名な方は・・・きっとコチラ

座敷わらし

能年ちゃんのブログに出てきたので、一番有名なのかと・・・^^
ちなみにコチラ→「山の中
そして。。。この場所が八ヶ岳なんだそうです

そして妖怪話・・・
このブログがUPされ、場所が何処か知った時に!
「この人を応援する事が私の「運命」なのかもしれない・・・」

と思って
ブログを立ち上げました。

(後押しは、MEBさんと片隅の男さんでした)懐かしいです。

その時に私がコメントした妖怪がコチラ「倉ぼっこ」誰も・・・きっと覚えてないでしょう・・・(大笑)
「座敷わらし」の様に人を幸せにしてくれる数少ない妖怪のひとりです!
座敷わらしと共に、岩手県に出没されたとされる妖怪です。

能年ちゃん、座敷わらし

来てほしいですね~

私の妖怪好きは・・・随分昔からです。

小学生の頃・・・
親に怒られると家から閉め出されていた私(笑)いつも星空を眺めていたので、怖くもなんともなくて
楽しんでいました。つい・・・フラフラと遊びにその場を離れてしまった事がキッカケで、、
外に出してもらえなくなりました。

(子供の頃は今より多分ノー天気でした)
その時から怒られると、暗い場所に閉じ込められる感じになった私・・・
星は大好きだったので、残念でしたが・・・とある雑誌の写真の顔を眺めると。。眺め続けると・・・
動いている様に見えた経験から、一気に妖怪という存在に興味を持ち始めました。
キョンシーとかも大好きだったので、死後の世界に抵抗とかはありませんでした~。

私が出会ったと思っている一番好きな妖怪「べとべとさん」

「誰もが、夜の道はなにかと心細く感じてしまうものだろう。
街灯が少ない夜の道を、一人で歩いている時は、恐怖も増してくるように感じてしまう。
ただでさえ、夜の道というものは不安になりがちだ。
暗闇ではささいな音も気になってしまい、知らぬ間にその一歩が早くなってくるのだ。
べと…べと…
何かが、後ろをついてくる気配を感じたことがあるかもしれない。
恐怖を押し殺して、思い切って振り返ってみても、後ろにはもちろん誰もいない。
そういったときは、目に見えないこの世のものではない何かが、あなたの後ろをついてきているのだろう。
物の怪や妖の中に、夜の道を一人で歩いていると、後ろからついてくるものが確かに存在するとされる。
その妖怪は、べとべとさんと呼ばれる。」

この妖怪は、「ゲゲゲの女房」でも主人公、布美枝さんが出会っている唯一の妖怪です

妖怪というものは、水木先生が考えだした想像の産物だけではなく、昔からの
世界各国からの言い伝えや書物などにも、きちんとまとめられています。
鬼太郎、目玉の親父、ねずみ男、ネコ娘、は想像の妖怪
一旦木綿、塗り壁、砂かけババア、子泣きじじいは実在の妖怪です(有名ドコロですと)

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる、ほとんどの妖怪は実在されていたという妖怪で話が出来ています
一部のみ、水木さんの(アニメ3期から先は、水木さんが制作指揮ではないです)想像の
妖怪たちが活躍しています。

ゲゲゲの鬼太郎の敵総大将の「ぬらりひょん」彼も実在の妖怪です!しかし・・・
その説明を読むと、少し違和感があります~何故敵総大将なのかな?
水木さんに聞いてみたいところです

可愛すぎますね・・・妖怪話なのに

妖怪~~クイズ(名前はなんでしょう?
多分誰も挑戦しないだろう・・・(笑)
この3つの妖怪、有名なので!初級受けた人なら~すんなり答えられるレベルです。

妖怪って楽しいでしょう。

(もはや自己満足の領域です)
ちなみに・・・この妖怪好きに付き合ってくれた友達は~~~~~0(ゼロ)です。

そりゃそうだ~

ラスト・・・「能年ちゃん 妖怪」で検索・・・・どんな画像が見れるか・・・・

結果はコチラ↓↓↓

なんでだ~~~・・・・謎だ~~・・・ってかそんな検索誰もしないか・・・

なんか期待外れでしょうか?(笑)


この日のラジオ、ラストの言葉が、、ゲゲゲの鬼太郎にそっくりなんです。ツボです!

昨日は父の日だったね♪ 2015.6.22 月曜日

妖怪問題の正解を順番に~~
「目々連(もくもくれん)」・「カミキリ」・「尻目(しりめ)」でした~

挑戦してくださった方々、どうもありがとうございました