『マイマイ新子と千年の魔法』~ネタバレなし~ October 23 [Sun], 2016, 06:00

『マイマイ新子と千年の魔法』~ネタバレなし~ October 23 [Sun], 2016, 06:00

2020年1月28日 オフ 投稿者: shima_Shima.Shima

映画、『この世界の片隅に』(←公式サイト)11月12日(土)公開
片渕監督の前作・・・『マイマイ新子と千年の魔法』(←公式サイト(のんちゃんの映画の感想アリ))

この映画を「どうしても観たい」という気持ちになったのは・・・勿論
ササユリカフェ(←ササユリカフェ@この世界の片隅に&マイ展 Twitter)に行ったから

(前記事に行った様子を、少し載せています「この世界マイマイ展~ササユリカフェ~」
(ササユリカフェでは、片渕監督のトークイベントなど多数のイベントも開かれているようです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日Twitterで見つけたコチラの記事
マイマイ新子と千年の魔法:片渕監督が“逆転劇”振り返る 7年も愛され続けるアニメの普遍性
(「この世界の片隅に」公開と共に、前作であるコチラの作品が再注目されているので、取材したものです)

私も少し前に2度観ました。この映画・・・本当に凄く良い映画なんですが、感想を書くのが難しいです。
皆さんはどんな感想を持っているのか調べたら、面白い事がわかりました

結構たくさんの映画を観た方が、同じような感想を述べていたりもするんです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「マイマイ新子と千年の魔法」を迷わず見に行ってほしいんですよ!!!!
(↑ブログ「たまごまごごはん」)コチラのブログ、凄いです!見やすい、わかりやすい

【マイマイ新子は日本映画史/世界アニメ史において「事件」なのですが、それをどう伝えればよいのか困ります。】
(一文を抜粋)
【特設】『マイマイ新子と千年の魔法』まとめ
(↑「広がるクチコミ!注目記事」として一部抜粋しながらブログを紹介してくださっているページあり)

「オジサンが泣いている」と評判の「マイマイ新子」、涙の理由は?(←日経ビジネスの記事)
[感想][マイマイ新子]今年のベスト映画は『マイマイ新子と千年の魔法』に決めました
(↑ブログ「嗚呼、テレ日トシネマ-雑記-」)
(個人的に記事のタイトルや、文章にひかれてコチラのブログも一緒に紹介)

(原作は短編集なので)
こんなにしっかりとした(そういったら失礼かもしれませんが)話の流れはなかった気がするんです。
アニメ監督というだけではなく!脚本、片渕監督の力!!

コチラももの凄いことがわかります。
こうの史代さんが公式アートブックで書かれていた「漫画をたたき台にしてくれている」という言葉が、
借りてきた「マイマイ新子」を読みながら、頭の中に蘇っていました。

片渕監督は、「子供たちを調べて描いた」訳ではなくて、「子供たちってきっとこういうものだろう」と描いたと
言われています。長年子供のためのアニメを作り続けてきたという監督。
これを観た沢山の人たちは子供心を思い出して、涙する人も多い・・・と言われます。
監督の心には、真の子供の心が残っていると感じます。(きっと・・・のんちゃん(ワルイちゃん?(笑))と同じように^^)

最後に・・・(どうしても書きたい「囲碁」の話)

アニメでたまに囲碁をするおじいちゃんの図が出てきます。その盤面に置かれている石のカタチ・・・
囲碁をする人なら一目でわかるんです。「囲碁の石の配列ではない」って
そんな事も(囲碁ファンには「そんな事ではない)きちんと描いてくれています。
些細な事のようですが!!!ここのポイント

とても重要だと思います。流石は、片渕監督です!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(↑「マイマイ新子と千年の魔法」90秒プロモーション映像)
Wikipediaに
【本作は、配給宣伝もほとんど行われなく各種メディアもその存在を伝えず、
比較的無名なまま上映公開が始まって、当初の集客は低迷したが、有志がネット署名など集めるなどした結果、
しだいにインターネットなどを通じて評価が広まり、結果的に1年以上に及ぶロングランになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書きたいことが実は、まだまだありますが。。長いのでこの辺で。

また書けたら書きたいと思います!!
『この世界の片隅に』の前に・・・是非、『マイマイ新子と千年の魔法』をお勧めです。